4/28に体調を崩して11日目でほぼ復調

こんな長期戦は生まれて初めて(たぶん)

普段なら不調を察知した当日のジョグで10km以上走って、しっかり汗出しを行えば半日後にはほぼ復調するのがパターン化していたのに、今回はしんどさに気持ち折られて3kmしか走らず、そのため汗をほとんどかかないままに不調が定着し悪化させたものと。

GW本格突入前に紹介状を書いて頂き、市立の総合病院で診察してもらって下された診断は「風邪」。

ただの風邪にここまで人生(実質10日)を狂わされるとは不甲斐なく、【診断されない生き方】を標榜する身としてはなんとも歯がゆくもあり(笑)

で、なんとか8日目約14km、9日目約10km、10日目約14km走ってたっぷりの汗と一緒に不調を体外排出成功!

初日に無理してでも10kmオーバー走ってしっかり汗出ししておけば、ここまで長引かせる事は無かったのではないかと自省。

次はちゃんと無理して走ろう!(笑)

広告

6年間、毎日走りました。

2009年7月13日から継続中のジョグ連続出走がついに6年、正確には今日2015年7月25日で2204日目、6年を越えちゃいました!

1年毎の節目節目には、いつもまさかここまで続くと思わず、6年目に至っては、6年経過したことすら忘れていました。

因みに今日までの走行距離は21664km。

1日10kmを目安にしていますが、肉離れやぎっくり腰、軽い疲労骨折?などのアクシデントに見舞われた時は、1kmを這うように走ったことも幾度無く。逆に調子の良い日は1人フルマラソンも3回か4回。

寛平ちゃんが、アースマラソンで自走したと言われている2万kmは追い越したので、現在フォレストガンプが走ったとされる2万7000kmを目指しています。

ここまで来るともうこれはクセです。

走ることは趣味でもないし、毎日走り始めはあちこち痛いカラダのせいにして、止めよう辞めようといつも走りながら葛藤しています。しかし、その先にある満足感、充足感のお陰で今日まで奇跡の継続中!

ランナーズハイと呼ばれる高尚な現象には程遠くも、へんなくすりよりは、害なくお手軽に幸福感が得られることも、たまにあるのでやめられない(笑)

これまで、走り続ければ沢山の事が変わるということを、折に触れ書いたり言ったりしていますが、その際たるものは人生の激変です。

僕自身、今では仕事が変わってやりたい事(abicase作家)をやって食べて行けてますし、休もうと思えばいつでも休めます。もちろん行きたいところがあればいつでも行けますね。

(注:殆ど休まないし、何処にも行きませんが…)

自らの選択で自らの縛りを解くことが出来たのも、遠からず走ることを続けたおかげ。

これは古代ローマ時代の風刺詩人ユウェナリス

「健全なる精神は健全なる身体に宿る/A sound mind in a sound body」

という、使い古された、しかし真実を告げる言葉の通りで、走ることで肥えたカラダは健康を取り戻し、人生上手く行かず塞ぎこみがちだった気持ちも何処へやら。

これまで多くを望まず、結果「ユウェナリスの真意」を汲み取れたことがかえって良い結果につながったのかもね。なんてね。

カラダが絞れると、心は進路求めて舵を切る。

そんな感じかな。

とてもシンプルな仕組みだと思います。

だれでも出来る事をやり続ける。

単純なことです。

あとは気持ちだけ。

だれでも出来る事だったはずが、いつしかだれも出来ない事になり始めると、なかなか面白い幕が上がるかも!

//

5年間休まず走り続けてみたら

今日ジョグは今日で1826日目。

5年間休まず走り続ける事ができました!

大体毎日10km走りますので、距離も18000kmを大きくオーバー、目標の2万kmも年内達成が見えてきました。

で、5年間走ってみたらどうなったのか?

20140712115428

人生が変わりました。

走り続ける中で、太ったカラダはいらぬ脂肪を捨て去り、

ぬかるみにはまり込んだ心を地の上へ導き、

自らが望む道へ進むことを許した。

そんな感じ。

 

人とは競いませんし、レースにも出ません。ただただ自分のペースで走る事を続ける。これだけを大切にしてきただけです。それ以外は結構、いや、かなり適当です(笑)

踏み出した最初の1歩から5年経った今、過去を笑える自分がここにいます。(ここ大事!)

 

※本ブログのタイトルは「abi’s handmade life」ハンドメイドなわけですが、作る事を生業にしているワリに、記事は走る事がメインのフットメイド(笑)

手作りは自分と家族が生きるため、脚作りは自分自身を活かすため。

連続出走1461日 走り続けて丸4年

今日で今日ジョグは連続出走1461日目。きっちり丸4年走り続けた事になります。

過ぎてみればあっという間も、これから積み上げようとするなら気の遠くなるような数字です。

大きな故障をすることなく無事ここまで来れたのは本当に幸いでした。

もちろんこの先も無事をお願いしたいものです。

そして、毎日声援を送ってくれるSNSの仲間達にはとても感謝しています。「ありがとう」

 

走れば何かが変わる。走り続ければビックリするくらいに変わる。by abi

Pastebot 2013-07-12 07.30.19 午前

 

ボルトになった猫

今朝のジョグで今日ジョグは通算1493日、連続出走1446日目でキリ良く15000kmに達しました。

Pastebot 2013-06-27 07.20.50 午前

Pastebot 2013-06-27 07.48.44 午前
そして、ナイキからどんなメッセージが届くかと楽しみにしていたらこれが届きました!

ボルトになった猫

「ボルトレベル」

ボルトとは、あのウサイン・ボルト氏のことだと思います。
まあ、ただの凡人ですからそんなたいした者ではありませんが、それでもコツコツコツコツ続けた結果、第三者からこのような評価を得た事は嬉しくなくもなく。

走れ!されば与えられん。(今朝走りながら思いついた座右の銘)

実際の所、与えられるどころか、体重減るし脂肪も減る減る溜まったものはすっからかんでタマリマセン(笑)

減って削いで、残ったものこそ与えられしモノ。

体も思考もシンプルに。

早寝早起き健康の元。

もっともっとよいこといっぱい。

さあ、明日から走ろう。僕は明日も走ろう!

アクビ

初めてこけた

半年に一度の歯科検診で被せた金属の不具合が見つかり、今日が治療最終日。

走る格好で走って行って、終わってそのまま坂道を、宛てなく登って山方向。

午後から崩れるというお天気も、午前中はスッキリ晴れて気持ち良く、元日以来の山に足がそわそわ。

標高500m程度なのでそれほど高くはないものの、体力的にはかなり落ちているのを感じずにはいられない、ダメダメな走りっぷりにかな〜り凹みました。

が、ソールがつるっつるのジョギングシューズの為、グリップ効かず思うように足を運べなかったから!というのはその言い訳。

それでもいつもの阪急の反射板まで辿り着けば、誰一人いない山の上を独り占め。

見下ろす景色は薄靄に包まれ(PM2.5のせい?)、ちょっと残念すぐさま下山の途。

ここからの下りは好きなコースで良く知る道。

iPhone片手に動画撮影しながら調子よく走ります。

そして撮影止めて一瞬気が緩んだその矢先、湿った枯葉を踏んで滑って右足付け根を強打して、帰って見ればミミズ腫れ。

アースジョグと称して始めたジョギング1358日目、連続出走1311日目にして初めて転んだことのショックを記念に久々のブログ更新でした!(笑)

 

※写真は尾根道。山中春の気配に包まれ、多くの小鳥達が飛び交って、楽しい2時間を過ごせました。

写真-1

ジョグ免罪符

昨日の今日でなんですが、ここ数ヶ月は抱えている痛みが少し酷かったせいもあってか、10kmのジョグがちょっと辛いなあと思い続けていました。それでも昨日の3年連続出走に漕ぎ着けたのは、実のところ1日という辛い人生に許しを与える免罪符代わりに見立てていたためかもしれません。

10km走ることで今日一日なんとかオレ無事OK!みたいなw

3年前にジョグを始める以前、分、秒単位で自分に向き合っていたというか、心には全く余裕というものがありませんでした。ようするにギリギリのラインで毎日生きていました。

走ることを続けることによって、少しづつではありますが、歯車が回り始め、生きることのベクトルが負から正へ転じたことは確かです。分、秒単位だった人生が今では1日、或いは数日単位までに変化してきました。

自分と向き合うという行為は普通、意識しない限りは無縁だと思います。スムーズに軽やかに生き楽しむ方にとってはそれこそ必要のない行為かもですね。

そういう人生も夢見ながらこの3年を経たわけですが、実状はまだ1日から数日単位の人生です(笑)

本来、免罪符は悪い意味で用いられますが、ジョグという自分にとっての良き免罪符にはこれからもまだまだお世話になり続けるでしょう。

願わくば、この免罪符を手放す日が訪れることを