羊と猫の物々交換

美しいものがやってきた。

MacBook Airという美しいが。

画像

昔からApple製品が大好きで、初代iMacからデスクトップはMacがメインです。

iPhoneがこの世に登場してからは体の一部といっても過言ではないほどに愛用中。

しかし、ことノートブックとなると全く縁がなく、これまでApple製品のノートは一度も手にしたことがありませんでした。

しかし、2012年7月遂に我が家に美しきMBAがやってきた!

事の発端はタナカンプ(@sta7ka)氏。彼のMBA購入経緯をツイッターで目にし、なんとその後に同じMBAが彼のもとに降ってくる(懸賞に当たったらしい)という奇運を知り、「何故、天は彼を寵愛するのか!」なんてことは思いませんがw この嘆きにも似た思いをツイッターで叫んだところ、

めぇ〜という鳴き声とともに、突如現れたるは大天使、羊のひとぅさん(@hitoxu)。

天使の羊さん曰く、

「もしもし猫さん!2012買ったから2010余ってるねんけど、使わへん?」

という、猫にとっては奇蹟にも似た美しい旋律がツイッターから流れてきましたw

条件は猫が作るフェルトケースと物々交換。これ、おやすい御用とマッハ即答!猫まっしぐら!

トントン拍子で話は進み、2012用のフェルトケースを製作し、驚きのお礼に驚き返しの意味を込めてiPhone用のケースもステッチの色を揃えてプレゼント。

あげるも貰うも、嬉しい驚きはいいもんですw

そんなこんなでこのブログ、2010で書いてます。

羊さんありがとう。大切にしますMBA!

ジョグ免罪符

昨日の今日でなんですが、ここ数ヶ月は抱えている痛みが少し酷かったせいもあってか、10kmのジョグがちょっと辛いなあと思い続けていました。それでも昨日の3年連続出走に漕ぎ着けたのは、実のところ1日という辛い人生に許しを与える免罪符代わりに見立てていたためかもしれません。

10km走ることで今日一日なんとかオレ無事OK!みたいなw

3年前にジョグを始める以前、分、秒単位で自分に向き合っていたというか、心には全く余裕というものがありませんでした。ようするにギリギリのラインで毎日生きていました。

走ることを続けることによって、少しづつではありますが、歯車が回り始め、生きることのベクトルが負から正へ転じたことは確かです。分、秒単位だった人生が今では1日、或いは数日単位までに変化してきました。

自分と向き合うという行為は普通、意識しない限りは無縁だと思います。スムーズに軽やかに生き楽しむ方にとってはそれこそ必要のない行為かもですね。

そういう人生も夢見ながらこの3年を経たわけですが、実状はまだ1日から数日単位の人生です(笑)

本来、免罪符は悪い意味で用いられますが、ジョグという自分にとっての良き免罪符にはこれからもまだまだお世話になり続けるでしょう。

願わくば、この免罪符を手放す日が訪れることを

脚の上にも3年 今日ジョグ連続出走まる3年

今日で目出度く?今日ジョグは連続出走3年を達成しました。

生憎の梅雨の大雨3年目。幸いにも走りだすと雨は止み、走り終えるまで持ち堪えてくれました。まあ、連続出走は天候に左右されませんので雨の日も風の日も台風の日もどんな日も、関係無いのが今日ジョグのシンプルなところ。今日も「清荒神清澄寺往復」の定番10kmコースです。

閏年を挟んでの出走日数は1096日(総出走日数は1144日、走行距離合計11630km)。「石の上にも3年」…冷たい石でも三年間座り続ければ暖まることを言うようですが、これが転じて、何事にも忍耐強さが大切だという意味ですね!つらくても辛抱して続ければ、いつかは成し遂げられるという。

しかし自分的には辛いことを続けた訳ではありませんし、3年連続出走を成し遂げるために走ってる訳でもありません。もちろん「石の上に3年座ってる人」の存在は生まれて此の方見たことも聞いたこともありませんので、自分なりに言い換えれば「意志の上にも3年」ではないかと。(笑)

(※今日ジョグはアースジョグと謳っているので一応4万キロが目標です。)

走ろうと思わなければ走らないし、

走り続けようと思わなければ走り続けられません。

そう、「思う」ことの継続。「思い続ける」です。

明日走ることをやめようと思えば簡単にやめることが可能です。もちろんやめないことも可能です。どちらも自分が思うこと。全てはここから始まります。3年たった今でもここから始まります。

結局の処、何事も(だいたいは)自分の思い通りにしかならないということですね。

 

振り返ってみるとこの思い、最初は小さな小さなものでした。走れる気持ちと走れないカラダのギャップに苦しんだことは今でもハッキリと覚えています。ここから抜け出るのに約3ヶ月。この「3ヶ月」というキーワードは女子マラソンの1992年バルセロナ五輪で銀、96年アトランタ五輪で銅メダルを獲得した有森裕子さんが何かの本で語られていたことを素直に信じ続けました。この3ヶ月を境にカラダが大きく変化し始めるということを。(走りたい、痩せたいという人に「騙されたと思って3ヶ月続けること」を勧めるのはそのためです。)

僕自身この3ヶ月を境にカラダは劇的に変化し始めました。体重は目を見張るほど減少を始め、弛んだカラダが徐々に引き締まり、3年経過した今でもほぼ状態維持しています。

キーワードは「3ヶ月」です!

この3ヶ月、そして走り続けて3年を経て得たモノは思い描いた体型や健康だけではありません。SNSを介して多くの人と繋がり、大切な仲間に出会えたことは望外の喜びですし、ジョグ開始当時には予想だにしなかった事です。

続けたことの結果、止めなかったことの結果が今日という日。僕自身にとってはただそれだけのこと。しかしこの3年間を見続けてくれた方がいた事、途中まで毎日継続していたジョグブログの内容を自身の生活に取り入れて劇的なダイエットに成功された数名の方からTwitterを介して御礼のお言葉を頂いたことも嬉しいサプライズでした。

最後にこの今日ジョグに欠かせない存在であるティータチさんw(Twitter ID:@ttachi )にありがとう。彼の存在なくして今日ジョグが3年連続出走の今日まで続くことはなかったことを思うと人との出会いはつくづく素晴らしい。

走るために走りだしたのではないのですが、結果走り続けることになった今、これからも気ままに走りましょう。

アビの名を口にしながら

 

※アビ:16歳で天に召された相棒のアビシニアン(猫です)

※脚の上にも3年:多くの方は脚の上に乗っかってますね。それも3年以上!

vibram fivefingers雑感が2日で途切れた訳

vibram fivefingers雑感でブログ再開したものの2日目で息絶えたのは、ヤフオクで掴まされたモノがフェイクだったことが判明し、気持ちが一気に萎えたためです。

予備知識無しにいきなり入手したのが敗因ですが、事前にチェックさえしていればこのような自体は防げたことを思うと残念です。まあ金額が金額だったので手痛い思いもなく、シューズ自体は継続して使用中。

足自体を鍛え上げることが目的ですから、要は足裏を傷めなければOKなので十分役を果たしています。フェイクながらもフィット感はまずまずなこのフェイク。できることなら毎日使用したいところですが、脚全体への負担が大きく、徐々に慣らして行こうと思います。

あっ、もちろん近いうちにホンモノを手に入れますよ!(トレイル用を狙っています)