今年3本目のフルマラソン 相棒は左腕のiPhone4

第1回大阪マラソンが行われた昨日10月30日。友人たちも参加するとあって、自分でもなんだかお祭り気分で朝から家でそわそわ。

現地に出向かないまでも、ネットで色々見れるとあって検索の用意をして待つも、居ても立ってもいられずに、結局今年3度目のフルマラソン敢行!

足の調子が悪いものの、ゆっくり行けば大丈夫だろうと思えるほどには回復していたので、特に不安なく何時もの調子で出走。毎日の10kmジョグ4本分と軽い気持ちですw

コースは以前調べていた宝塚ー三宮間往復約42.195km。

出走から20kmまではなかなか良い感じで走れて自分でもビックリしながら、アワヨクバ4時間切れるかも!な皮算用w

しかし折り返し付近で見つけた我がエイドステーション「ローソン」でエネルギー補給した頃から体調が急激に悪化。25km過ぎてからは下半身全体の痺れと痛みに襲われ、信号待ちではストレッチ!ストレッチ!ストレッチ!

35km過ぎてからはもうヘロヘロで、ランというよりはジョグのジョグ。ゆっくりゆっくりなんとか前へ。

41kmでは最後の補給。エネルギー切れだけは起こすまいと、この日は合計3回のウィダー補給で走るエネルギーだけは切らさずに済んだようです。

その3回目の補給を終え、エイドステーション「ローソン」を後にした頃から雨足が強くなり、急いで(カメのようにゆっくりと)42.195kmポイントを目指します。

本来なら自宅から自宅までを42.195kmで設定して上手に走り通せばいいのですが、この日は折り返しポイントを少し行き過ぎたため、Finishは一駅手前の仁川駅。幸い雨に濡れたお陰で”あの”汗臭さも取れて、ここは迷わず阪急電車に乗車して最寄り駅へ移動!

駅から家まではクールダウンを兼ねたウォーキングで約1km。

無事帰宅してみれば走行時間は4:38:49。

4時間切りとかいうレベルには程遠いタイムも、本人的には結構満足な今年3本目(生まれて以来3本目w)のフルマラソンでした。

たった一人のフルマラソンに応援者はもちろんいません。左腕に装着したiPhone4から聞こえてくるNIKE+とRunkeeperのアナウンス、そしてオキニイリの音楽が道中の慰めw iPhoneがあったからこそ走ってこれた者としては、最高の相棒です!

●こっち甲山を通り過ぎ、あっちの山向こう(神戸方面)を目指します。

   

●阪急甲陽線は3両編成のどやか路線!ここから夙川抜けて山手幹線に入り芦屋へ

   

●信号待ちのロスを考えればまずまず良いタイムです!ここまではw

●半分過ぎてから1回目の補給は我がエイドステーション「LAWSON」にてウィダーとHERSHEYのチョコバーとお水。お腹におさめて三宮で折り返します。

   

●新神戸オリエンタルホテルを左手に見ながら一路王子動物園まで。ここらあたりは既にヘロヘロ。

   

●動物園前でマッサージ休憩。痛みを紛らわそうとオモロイもん探しながら走っていたらありました!ウルトラの家

   

●このフルマラソン唯一の応援か(無言ですw)! そして、自分が転けそうになりながら走っていたら、コケてるやん!な建物発見。少し気が紛れるw

   

●2回目補給は御影、3回目は関学前のエイドステーション「LAWSON」にて

   

●完走の褒美はささやかな発泡酒♪( ´θ`)ノ

Appleらしくもない

ショップ脇のジョブズへの献花がその現実を物語るApple Store心斎橋。

たびたびお世話になっているジーニアスバーへ、今回はアップルケアの件で参上。

iPhone4ホームボタン不具合で本体交換の際(1年保証が切れる1日前)、スタッフに勧められて購入したアップルケアでもう一年保証期間を延長したのですが、登録手続きは全てジーニアスバーで対応してくれていつものようにラクチン快適にSTOREをあとにしたのは遡ること3ヶ月前。

巷ではiPhone4Sの話題で沸騰な中、スルー確定の我が身に於いてはアップルケアの問題で一人沸騰中w

ふと思い立って登録内容の確認を行なってみたところ、登録されておらず。下の画像の一連の流れを何度も何度も繰り返すも結果は同じ。

新規登録も出来ず手に負えず、一年を越えた本体に対してはアップルケアの延長保証は適応されないとか、そんな情報を頂いたりしたものだから、急いでジーニアスバーへ予約。

電話で話すより直接出向いた方が話しは早かろうと、NIKEのランクラブと絡ませて日曜の心斎橋へ。

実際のところ、購入日が記載されたレシートなど全て手元にあるからそれほど心配はしていませんでしたが、やっぱりそこは気持ち悪いのですっきりさせておかないと。

予約時間から15分ほど過ぎて名前を呼ばれたのは日曜の混雑の為ですが、この前はこちらが5分遅れて到着したのでおあいこということでw、早速スタッフに事情を説明して状況確認をしてもらうと、やはり登録されていないとのこと。本体交換しているので本体のシリアルが古いものになっている可能性を伝えると、そのような状況でも本来は情報のヒモ付が行われているので登録確認は出来るはずらしいのですが…

登録してくれたというのはこちらの勘違いで、本来なら自分で行うべきことだったのかと伺ったら、基本的にジーニアスバーで購入したものに関してはスタッフが登録手続きを行うとのことです。よって我が身に過失なしw

色々調べた結果、何をどう確認したのかは不明ですが、最終的に登録はされていることが確認できたようで、ここでお兄さん!「ジーニアスバーでご購入いただいたものに関してはスタッフが間違い無く登録しておりますから!」っと、チョビット胸を張って一言。

しかしその登録状況はスタッフ専用のMacBookでしか確認出来ないようで、少しだけでしたら画面をお見せ出来ますが…と言われるも、なぜ自分の権利状況をこちらが身を乗り出してカウンター越しにこっそり覗き込まねばならぬのか理解出来ずにお断り。まあ、信用してますからと…

それならと、隣のスタッフに声をかけて、「これ、登録されてるよね!」っとなんだかとてもAppleらしからぬダブルチェックが目の前で行われました。

それにしても、登録はされているのにユーザーはそれを確認できないというのは理解に苦しむところです。データの反映が遅れてるのかもしれませんとか言われましたが、3ヶ月経過してそれってもっとAppleらしくないw

そして本ブログをアップする直前に再確認したところ、やっぱり確認できませんでした。

しかし、最初の確認のページの下部に書いてあるんですよね!

「製品登録をしていなくても保証内容は変わりません」ってw

それでもやっぱり少しだけ気持ち悪く、Appleらしくないな〜と思うのです。